財務情報

自己資本規制比率

  証券会社の財務の健全性を測る重要な指標です。
  証券会社は、金融商品取引法によりこの自己資本規制比率を一定水準以上に保つことが義務付けられています。
   ・140%を下回ったとき、その時点で、金融庁に届け出なければいけません。
   ・120%を下回ったとき、金融庁は業務方法の変更等を命ずることができます。
   ・100%を下回ったとき、金融庁は、業務の停止を命ずることができます。
                   
  第10期   
  ◆ 2019年06月末 自己資本規制比率の状況
     
  <過去の自己資本規制比率>
                                  
  第10期   
  ◇ 2019年03月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2018年12月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2018年09月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2018年06月末 自己資本規制比率の状況
     
                                                                                                      
  第9期   
  ◇ 2018年03月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2017年12月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2017年09月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2017年06月末 自己資本規制比率の状況
     
  第8期   
  ◇ 2017年03月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2016年12月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2016年09月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2016年06月末 自己資本規制比率の状況
     
  第7期   
  ◇ 2016年03月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2015年12月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2015年9月末 自己資本規制比率の状況
  ◇ 2015年6月末 自己資本規制比率の状況
     

ページトップへ